Xホースネオの構造

自分で伸び縮みする不思議なホースとして注目されているXホースネオですが、いかなる構造になっているのでしょうか。
もちろん、魔法などではなく技術に裏付けられた構造が伸び縮みの仕組みを作っています。
ポイントは内部のゴムホースだ。
ゴムに水圧を加えるとゴムが膨張します。
直径方向への拡張を切り詰めると長さ方向に拡張して行く仕組みだ。
つまり、内側のゴム層と外側の抑えです繊維層が伸び縮みの仕組みを構成しています。
理論的には問題ありませんが、こういう2層の強度が問題となります。
きちんと凄い水圧が加わると強度を保てずに破裂してしまいます。
また、途中に破れが生じるとそこから水漏れが発生して、ホース全体が使えなくなります。
伸び縮み始めるゴムですから、テーピングなどで破れをふさぐことはできません。
こういう構造を活かしたまま、強度を決めることができれば再度使いやすくなります。
その点に着目して開発されたのがXホースネオだ。
Xホースネオはゴム層と外側の繊維層の間に保護用のポリエチレン層を追加しています。
これによりゴムの破れを防ぐことができます。
ただ、伸び縮み始めるホースを使う時折地面に置いたままで水を醸し出したり遠退けたりするため、外側の繊維層も地面との間で著しく擦られることになります。
繊維層の強度も製品の品質を決める重要なポイントです。
実際のXホースネオを購入する際には、自分の家で使用する状況を考えてみましょう。
アスファルトやコンクリートの上で伸び縮みさせると、繰り返しの摩擦によって表面層が破れてしまいます。
ひたすら長く用い続けたいからには、摩擦の少ない場所を確保すべきでしょう。
タイルなど、割に滑り易いところに置くといいでしょう。
また、水道の水圧も注意して置かなければなりません。
必要以上にきつく水を出すと、ゴムの劣化が早まります。
お先に目安を決めることをおすすめします。
また、ホースの先端にシャワーノズルを用立てる場合、ますます水圧は高くなります。
破れ易くなってしまうと考えておかなければなりません。
ホースを地面に付けずに使用することは可能ではありませんが、擦らないですむ使い方を工夫してみてはどうでしょうか。https://www.zeilklipper-nooitgedacht.nl/