二重の悩みコンテンツ

二重の悩み

二重まぶた

ぱっちりと大きく開いた二重まぶた。
日本では、近年二重まぶたに憧れる女性が急増しています。
以前は二重手術といえば、切開による二重手術が主流となっていましたが、近年では切開せずとも二重まぶたになることが出来る施術も多く誕生してきています。
痛みが少なく、手術時間も少なく、術後のダウンタイムも少ない施術が多くあります。
そのため、どなたでも気軽に二重まぶたになることが出来るようになってきています!

二重まぶたになる方法

マッサージや癖付けによって二重まぶたにすることが出来る人もいますが、あまり効果が長続きしなかったり、長年行なっても二重まぶたになることが出来ない人もいます。
そんな人は、二重まぶたにする施術を行なったほうが手っ取り早く、綺麗な二重まぶたを手に入れることができるようになります。

埋没法

メスを使わず、切らない手術です。皮膚の中に糸を数本埋め込み、皮膚と筋肉を結んで二重まぶたをつくる方法です。
腫れも少なく、術後のダウンタイムも数日で済み、術後翌日からお風呂やメイクもOKという手軽さが人気を呼んでいます。


切開法

まぶたの皮膚を切開し、余分な皮膚と脂肪を切除し、糸で繋ぎ合わせて二重まぶたをつくる手術です。
埋没法では、まぶたの脂肪が厚い人は上手く二重まぶたにならなかったりすぐに戻ってしまう可能性が高いため、まぶたの脂肪が多い方に切開法は向いています。


拳筋短縮法

まぶたは、上眼瞼挙筋という筋肉によって開いています。この筋肉の力が弱いと、目を開ける力が弱まってしまい、目が小さく見えたり細くなってしまいます。
実は、人の眼球の大きさってほぼ同じなんです。
目の大きさというのは、要はまぶたの開き具合によるものなのです。
上眼瞼挙筋を短縮することで、弱い力でもまぶたを大きく開けることが出来るようになります。


一重まぶたにコンプレックスを抱いている方は多いと思います。
コンプレックスを抱きながら生活するよりも、自分の理想とする二重まぶたを手に入れて生活したほうが、堂々と明るく生活することができるようになりますよ!