クリニック紹介

山本可菜子皮フ科クリニック
196
山本可菜子皮フ科クリニック
兵庫

山本可菜子皮フ科クリニックは、JR・阪神元町駅から徒歩3分、JR・阪急三宮駅から徒歩10分の高級ブランド店やハイセンスなアパレル店の立ち並ぶ神戸旧居留地に位置しています。

美容皮膚科、レーザー治療に定評があり、最新のレーザー機器や光治療器、注入療を備え、全国に約30ヶ所しかない「日本レーザー医学会認定施設」の一つとして認定されています。

美容皮膚科、レーザー治療に携わって約20年の理事長総院長の山本可菜子医師をはじめ、10年以上のキャリアと多くの実績を持つドクターたちが診療にあたります。

得意な施術
評価の高かった施術
しみ・ソバカス

肝斑には、トラネキサム酸の飲み薬、ハイドロキノン、トレチノインなどの塗り薬。
ビタミンC誘導体やイオン導入、ケミカルピーリングなどでさらに効果大。

老人性色素斑にはQスイッチレーザー(ルビーまたはYAG)をおすすめ。
1回の施術で除去できます。

レーザートーニングやフォトRF、ニューフラクセル、アファームマルチプレックスでの治療もおすすめ。
ダウンタイムが短く、治療後すぐ洗顔・メークがOK。


毛穴収縮

レーザートーニングがおすすめ。
Qスイッチヤグレーザーを使って、毛穴に詰まった余分な皮脂を除去、毛穴の拡大を改善し、コラーゲンなどの再生を図ります。
さらにイオン導入でお肌を整え、美白効果を高めましょう。

ケミカルピーリングやニューフラクセルなどの施術も効果があります。
グリコール酸クリームパックは、自宅での毛穴のケアできます。


タトゥー・アートメークの除去

米国Conbio社製MedLiteの『Q Switch Yag レーザー』及び『Q Switch Rubyレーザー』使います。

大きさや深さによって治療期間はまちまち、麻酔を使うので痛みは軽減され、傷跡も残りません。
レーザーは黒色系のみ除去できるので、赤・黄・緑・水色・紫などのカラー部は手術で切除になります。