クリニック紹介

ヴェリテクリニック名古屋院
157
ヴェリテクリニック名古屋院
愛知

ヴェリテクリニック名古屋院は、JR名古屋駅から徒歩5分という好立地にあり、大学病院並みの最新設備が揃ったクリニックです。
中西総院長は長年、医師の教育・指導をしてきた指導医で、多くの学会発表や講演、論文を発表しています。
手術室には最新の設備や麻酔器が整い、常勤で専門の麻酔医もいます。
他の美容クリニックと比べて費用は若干高めながら、確かな技術力に裏付けされた安心感と良い効果が得られると、人気のクリニックとなっています。
他の院で受けた施術のトラブルの修正手術も積極的に引き受けています。

得意な施術
評価の高かった施術
涙袋形成

下まぶたに膨らみをつくり、「涙袋」をつくります。
涙袋があると表情が明るく優しくなるとされています。
ヒアルロン酸注入は麻酔をした後、まつ毛の下に沿って少量ずつ注入していき、その効果は一年近く持続します。
脂肪注入は、自分のお腹から採取した脂肪を注入します。
半永久的に効果が続きますが、作業が難しい、吸収が起こるため最終的な形が予測できないといったマイナス面があります。
その他にも、手術で涙袋を作る方法もあります。


次世代豊胸術 レイヤースイッチ法

バッグの上を筋膜下にいれ、下の部分は乳腺下に挿入。
それによってなだらかで自然な立ち上がりと、柔らかさ、動きを可能にしました。
痛みや出血も少なく抑えることができます。
痩せている人、加齢でバストが下がってきたりボリュームがなくなってしまった人などに最適です。


若返り術 新発想ドールチーク手術

ドールチーク手術とは、目の下の頬をふっくらさせる方法でアンチエイジング効果があります。
3つの方法があり、
「ヒアルロン酸の注入する方法」は、最も手軽な方法で、施術時間も10~20分と短く、出血も少なく済みます。
「脂肪を注入する方法」、自分のおなかや太ももから脂肪を吸引し、頬に注入する方法です。
長期間の持続効果がありますが、腫れや内出血がヒアルロン酸に比べると多少多くなります。
「プロテーゼ(シリコン)を挿入の方法」は、頬専用のプロテーゼを頬骨の上に入れる方法で半永久的に効果が保てます。