夏バテにカシューナッツが効く?

淡いベージュで、三日月という形をしているカシューナッツ。
まだまだ軽くて、コッテリ味わいはカシューナッツならではのものでしょう。
チョコレートの中にもとことん入っていて、何とも馴染みのあるナッツになってきていますが、こういうカシューナッツ、旨いだけではなく栄養満点のナッツなのです。
夏バテ対策にもなりますから、カシューナッツを何とか食べましょう。

カシューナッツは、ビタミンB1がまったく沢山入っている。
ビタミンB1は豚肉に手広く含まれている結果知られていますね。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換するところ必要なビタミンで、ごはんをどんなに思い切り食べてもビタミンB1が不足していると、エネルギーへの変換率が大いに悪くなってしまい、元気が出ないのです。
ですから、朝にパンを食する時など、カシューナッツを数粒食するだけで、パンがエネルギーになってくれるので、夏バテ対策になるでしょう。

カシューナッツの成分はその4割が脂質だ。
こういう脂質は体のエネルギー源となって受け取るもので、体にとってはなくてなならない栄養素なのです。
3大栄養素の1つとしているものです。
脂質と聞くと、カロリーが多い=肥えるというイメージがわきますが、がんらいカシューナッツは大量に取るものではないのです。
一年中10粒くらいが適量とされていますから、カロリーとしては気にすることはありません。

カシューナッツには鉄分も豊富に含まれています。
女性はなんだか鉄分が少なくなってしまうが、鉄分が不足すると貧血や疲れが出るようになってしまう。
夏バテの前にとうに夏バテもののだるさが襲います。
でも、カシューナッツはナッツ類の取り分けダントツで鉄分が多いですから、女性は特にカシューナッツを食べると良いでしょう。

カシューナッツには銅も豊富です。
ごま以上に銅が含まれているのですが、銅って如何なる働きがあるのでしょうか。
銅は鉄の働きを助けて貧血予防をしたり、骨や皮膚、髪の毛に呼びかけ、丈夫な骨や美しい肌、髪の毛として得る成分なのです。
これは全体が元気になるについてにも通じるでしょう。

他にも色々な栄養素が含まれているカシューナッツだ。
一年中10粒以下で良いのですから、体の元気のためにもカシューナッツを食べましょう。艶つや習慣は楽天・Amazonより最安値で買えるってホント?